家に帰ったらガスが止まっていた話

こんにちは。

四谷三丁目にある居酒屋くりやの女将、勝沼保枝です。

昨日、敬愛する矢野真弓先生にブログやったほうがいいよと言われたので、素直な私は早速アメブロに登録。そう、わたくし、即断即決が身上です。

ま、即断即決は長所の一つかもしれませんが、もちろん短所もたくさんあります。

実は、薄気付いてはいたのですが、というより、完全に自覚してはいたのですが、私、お金の管理がまるで駄目。算数や数学は得意な方なんですが、数字に円の文字がついた途端にちゃんと計算できなくなる。

そんなんで商売できるのか?と呆れてらっしゃるあなた。

できるんです。

商売なら、できるんです。

仕事だから。

どうにか頑張る。

まあ、時折ダメダメになることはありますが。。。

商売でも時折ダメダメということは、私生活は推して知るべし。

一生懸命管理しているつもりでも、穴がいっぱい。

つい昨夜のことです。

家に帰ってきたらガスが止まってました。

え?払ったよ。私払ってるよ。

びっくりしながら領収書の束をひっくり返してみたら、払ったのははるか前。

これでどうして払ったつもりになっているのか不思議です。

供給停止通知には、誠に不本意ではございますが、ご通知しておりました通りと書いてありましたが、ご通知にも覚えがない。

いや、もちろん届いているんですよ。目に入ってないだけでね。

めまいを感じながら、慌ててコンビニに走って支払いました。でも夜中のこととて東京ガスお客様センターはさすがにお休み。

朝の9時を待って早速電話したけど、

今日は大変込み合っておりまして、午後にならないと伺えない

えええええっ!?

今日は用事があるので12時には家を出る予定。

この暑さですから、出かける前にはせめてシャワーを浴びたい。

ごねてごねて、ようやく午前中に供給再開してもらえることになりました。

でも時間は確約できないと。

時間は確約できない。

困った。

うん、どうしよう。

そうだ、今は夏なんだ。

水を浴びるという手があった。

水でも何とかなるだろう。

はい。何とかなりました。

水で髪の毛洗って、身体洗って、顔を洗って。

でも良い子のみなさんにはおすすめしません。

夏でも水を浴び続けると寒いです。

足元とか冷え冷えです。

一つだけ良かったのは、髪が冷たいと風邪を引きそうだったので、すぐにドライヤーをかけたこと。

いつもは結構ほったらかしにして最後のセットだけ、ということが多いので、髪がぱさぱさになったりするのですが、すぐにきちんとドライヤーをかけると、つやつやさらさらに当たり前ですけど。

そして、身体もきれいになったので、さ、朝ごはん。

と思ったら、ガスが使えないんだった。

こうなったら電子レンジ駆使してご飯を作るか、と思っていたところへ、呼び鈴がピンポン。

わ、ガス屋さん速い!

当初の希望通り10時半です。

ありがたいありがたい。

たぶんクレーマーだと思われたんでしょうねえ苦笑

ガスは来たけど、もう水も浴びちゃったし、だったらちゃんとご飯作ろうっと。

というわけで、今朝は天ぷらとそうめんです。

天ぷらは舞茸と茄子とオクラ。

何だか慌てて揚げたので衣がふわっとなってしまいましたフリッターか笑

そうめんのお薬味は大葉と小ねぎ。

日曜日に作った蒸鶏を、ピーマン、トマトともにサラダに。ドレッシングはピリ辛ネギ醤油にマヨネーズを混ぜたもの。久しぶりに市販のマヨネーズを食べましたが、味が濃くてびっくり。やはり自家製にするべきかな独りだと食べきれないんですよね。

いつもの山形の出しも添えて。

たいへん美味しゅうございました。